数値で示したのが《過失割合》となります

車の事故は自分だけで起こした事故と別の人を巻き込む事故があります。

自身だけの事故の状況では、対応が済めば終わりとなりますが、他人が関与した事故はどちらにどの程度ミスが存在したのかを確かめて、この結果によって乗用車の修理のお金や和解金が決まりますので保険屋さんの有識者と一緒の協議が必要不可欠です。

大部分の車の事故のケースで、相手だけでなく自分にもちょっとは過失がある状況が大多数で片方の過失が問われるという状態はほとんどありません。

言うまでも無く赤信号無視や一時停止無視などによって起きた事故はとても大きな責任になりますが被害を受けた人にも落ち度があると言われます。

車の事故の状況ではどの車の手落ちが原因かというのが物凄くポイントになるので、その結果を数値で示したのが《過失割合》となります。

先ほど述べた信号無視や一時停止でもそのまま進んだ事情なら法の規則上事故を起こした人に全部のミスがあると思えますがもしその自動車が対面から近づいていて自分の目で確かめられる時だとすれば事故の被害者でも注意が足りないとされ1割ほどの落ち度が指摘される状況もあります。

よってこの条件では事故を起こした方が9割事故に巻き込まれた側が1割過失割合となりミスが大きな方に過失が問われる事になります。

自動車事故の過失割合は以前の自動車事故の判例を参考にして結論をだされることが多数あり日弁連交通事故相談センターから発表されている基準がベースとして利用されます。

この過失の数値が大きいほど責任、つまり賠償しなければいけない額も大きくなりますから事故後の交渉は当事者だけでなく自動車の保険屋さんの係りの方を加えて落ち着いてやり取りすることが大切です。

コンテンツメニュー

    Link