新幹線等の切符等を購入

換金を目的にして電車等の旅券などを多量に購入する・・・クレジットカードキャッシュ化サービスというもの使用しないで自身が換金目的のクレカ購入をするというのも同様です。

現金化するということを狙っているクレジットカードの使用というものはクレジットの規約違反に繋がるためだからです。

大量のチケット・切手購入等でのクレカ決済では、場合によっては現金化する目的じゃないか、などという風に睨まれてしまう恐れもあり得るので、配慮することしたほうが良いでしょう。

さらに、利用時にキャシング利用額というものが上限になってしまっている方の場合には、新幹線等の切符等を購入することにトライすることだけでもカード発行会社の方から確認の電話が入ってしまうこともあるから経済状態が悪い時の利用については不可能になっているようです。

困っている際に企む手段は、同じなのだろう。

クレジットカードの発行会社によくない利用法をする)少し前に話題だった『永久機関』というような、クレジットカード会社から見て微塵もプラスとなることのないような不当な取引をした場合には、クレカの会社の判断で強制失効という処理がされる事実というのもあります。

Web上で話題となっていた購入ポイントの不正な入手等世の中には広まっていない情報などというものがあっても、そのような手段というものはどう考えてもクレジット会社の規定に反することになるからどんな理由があっても使わないようにしないほうがいいです。

強制失効させられたデータは他のカード会社へ流れる・・・クレカを強制失効させられたとしても、違うクレジットカードは使用可能んだから少しくらいは良いんじゃない?と思っいるあなた、情報流通社会でその思考は身を滅ぼすことになる危険もあります。

そもそも強制退会になるケースにおいてはクレカの会社各社が入手出来てしまう信用機関というものに事故カード情報が通達されることにより登録された人の信用情報というものは大きく下がることもあるためです。

所有する一社ですらカードを強制没収扱いになると、他のクレジットカードでも契約しづらくなりますし、場合によっては他に所有しているカードを強制退会させられる可能性もあり得るのです。

強制退会されずに継続して使用できる場合でも期限満了とともに更新不可となると思われます。

とにかく何回も記載したように、強制失効させられる使い方はなさることのないように規約を守ってご利用頂きたいと願っています。

コンテンツメニュー

    Link